デジタルサイネージの今後の課題

subpage01

デジタルサイネージは日本語で言うと、電子看板と言われるものです。

看板をディスプレイを使って電子化したもので、ネットワークを使えば広告の内容をリアルタイムで更新することも可能です。

人気上昇中のデジタルサイネージの最新情報が知りたい方にはこちらです。

ですから、これまでの広告媒体のように印刷代はかかりませんし、複数の画像を一つの面を使って発信することができますから、情報量も豊富に扱うことができます。



また、スケジュール配信も可能なので、タイミングに合わせて広告を切り替えることも可能です。
しかし、デジタルサイネージは比較的新しい広告媒体ということもあり、課題がないわけではありません。


そこで、デジタルサイネージにはどのような課題があるのかというと、最大の課題として挙げられるのは、効果測定の点で通常のテレビや新聞の広告とそれほど変わらないということが挙げられます。

NAVERまとめについて詳しく知りたいならこちらのサイトです。

デジタルサイネージを見ることによって購買意欲の向上に役立つと考えられますが、何人の人が広告を見て、どれだけの効果をもたらしたのかということが数値化できません。
ですから、せっかくデジタルサイネージを設置したとしても、実際にはほとんど効果をもたらしていない可能性もあるということになります。
導入に当たっては、ある程度費用がかかってきますし、維持するためには毎月費用がかかります。

広告費にお金をかけるということは、それがどれだけ効果があるのかということが分からなければ、経営者としても悩みどころとなってしまいます。

今後は、効果測定のシステムができるかどうかが課題となってくると考えられます。

大人の新常識

subpage02

デジタルサイネージは比較的新しい広告媒体ですから、費用もそれなりに必要になってきます。初期費用がいくらかかかりますし、その後も毎月維持費がかかってきます。...

NEXT

驚き情報!

subpage03

デジタルサイネージは、昔からある、お店の看板やポスターを液晶ディスプレイ・プロジェクターなどを使って電子化したものです。インターネット回線を利用してネットワークを作り、外部から情報を配信して、従来の看板の書き換えやポスターなどの張り変えの手間もなく、今後の広告媒体で、大きく普及すると言われている広告手法です。...

NEXT

よく解る

subpage04

デジタルサイネージ、という言葉が近年注目されるようになってきました。デジタルサイネージとは、主に駅などの公共空間に多く利用されているものですが、生活に関わるあらゆる場所において、デジタルディスプレイを用いた広告、あるいは映像演出を表示するというものです。...

NEXT

衝撃情報

subpage04

デジタルサイネージというのは、いつ、どこにおいても、誰に対しても情報を伝えることができるメディアのことを言います。またそれだけでなく、例えば「今だけ」というような期間の制限、「ここだけ」という場所による制限、「あなただけ」というような人による制限をそれぞれ事前に設けて発信することもできます。...

NEXT